クリミア半島基礎知識

クリミア半島基礎知識

皆さんはクリミア半島をご存知でしょうか?
この半島は、黒海の北岸にのウクライナにある半島のことです。
この半島は古代にはタウリカと呼ばれていました。
この半島はすべてがウクライナに領有されています。
また、南西部のセバストーポリ除きクリミア自治共和国となっています。
では、このクリミア自治共和国とはいったいなんでしょうか?
これは、ウクライナの自治共和国になっています。
首都はシンフェロポリとなっています。
もともとこの地には、テュルク系のムスリムの国家がありました。
そしてソ連が発足したことを機にクリミア自治ソビエト社会主義共和国が置かれました。
しかし、第二次世界大戦中にこの自治共和国は終わっています。
そして月日は流れ、今日のクリミア自治共和国を宣言し、今日に至っています。
このクリミア半島はウクライナにある半島ですが住民はロシア人が一番多く過半数を占めています。
その次にウクライナ人、クリミア・タタール人になっています。
このロシア人とウクライナ人は第二次世界大戦時の移民です。
さらに、クリミア・タタール人は13世紀ごろの移民となっています。
さらに、ここでは、ウクライナ語というものは公共の場以外では使用されることはなく、主にロシア語がつかわれています。

クリミア半島

更新記事

他クリミア半島情報

リンクサイト紹介